メイン

インプラントのメリット

インプラントのメリットはとにかく自然であるということに尽きるでしょう。 インプラントに装着する義歯は、近年では純チタンやセラミックがスタンダードになっていますが、 これは素人目では絶対に本来の自然な歯と見分けがつかないほどです。

インプラントの手術をうける患者の約六割以上は女性だというデータも存在しています。 これは、とにかく見た目が自然でキレイなので、経済的にある程度余裕であれば、なおかつ若くして歯を失ってしまった女性は手術を受ける可能性が非常に高いと言えるでしょう。

さらに、失った「味わい・味覚」を取り戻すことが出来るという点も大きな長所と考えることができるでしょう。 食べ物の味はなんとなく舌だけで感じていると考える人もいますが、実際には咀嚼することによって歯にまとわりつく感触が重要でもあるのです。 これらの感触は入れ歯ではなかなか味わうことができない要素です。 しかし、インプラントであれば、入れ歯では感じることが出来ないと考えられている食感や歯ごたえまで回復できます。

そして、もっとも重要だといわれている効果として注目されるのが、歯を健康に保つということ。

歯でものを咀嚼すると、歯からアゴへと刺激が伝わっていきます。 骨が刺激をうけたら成長しようと反応するのですが、あごの骨から歯が抜けている場合は咀嚼してもアゴの骨が刺激を感じなくなるのです。 結果的に刺激を失った骨は時間とともにやせ細っていきます。

これは骨吸収といって、ブリッジや入れ歯部分だとこれを引き起こしてしまうといわれています。 最後には残っている歯が根っこから抜けた空間に倒れてしまうのです。

歯が抜けるということはインプラントをしない限りは一本でとどまることが殆どないということなのです。 時間とともに進行していき、すぐにというわけではないものの、抜けた部分の隣近所から順番に抜け歯が続いていってしまいます。

繰り返しになってしましますが、インプラントを手術を受ければ、この骨吸収をおさえることが出来るので、抜け歯は連続しません。 これが非常に大きなメリットとして考えられています。

ちなみに、実は天然の歯と比べるとインプラントは噛む力が強くなると言われています。 そのため、インプラントならスルメでもなんでも食べることが出来るのです。 これだけのメリットがぎっしりと詰め込まれているインプラントだからこそ、しっかりと知識をためて手術を成功させましょう。