メイン

ブレードタイプの利点とは?

優秀な歯医者さんの条件のひとつとして挙げられるのは「絶対にインプラントにした方が良い」という価値観を無理やりおしつけてこないことです。 これが絶対に良くて、それ以外は否定してしまうというタイプの歯医者さんは正直なところ性質が悪いと言えます。 様々な価値観と様々な治療方法を把握して、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解している歯医者さんであれば、いくつかの選択肢から患者にとって最適なものを考えてくれるはずです。

それがもっとも理想的な歯医者さんだと言えます。 そのため、インプラントの手術を検討しているときもそんな歯医者さんをイメージして探すようにすると上手くいくかもしれません。

しかし、実際のところを言ってしまえば、自分が行っている特定のインプラントの手法だけが最高であり、その他は全否定というタイプの歯医者さんは少なくありません。 インプラントの治療を行っているクリニックのWEBページなどを参考にしてみると何となく見えてきますが、自分が取り入れているインプラントの手法が如何に最高であるかを謳っているタイプのものはいくらでもあります。

しかし、ひとつの価値観に凝り固まってしまっている歯医者さんは先述したとおり、ある意味「危険」なのです。

現在主流となっているインプラントはネジのような形をしたシリンダータイプのインプラントで、圧倒的なシェアを占めていると言えるでしょう。 これはドリルで穴をあけて埋め込むだけで完了する手術です。

この一方で、ブレードタイプという種類のインプラントもあります。 この場合は、あごの骨に溝をつくる必要があり、手術もそれなりに煩雑になってしまいます。 しかし、既にブレードタイプの販売は終了しており、市場から殆ど姿を消しつつあるのが現状です。 とはいえ、ブレードタイプのインプラントをストックしている歯医者さんは意外に少なくありません。

これはどういう意味かというと、シリンダータイプが主流になる前からインプラントの手術を手掛けていたということ。 さらに、その中にはシリンダータイプにはないブレードタイプならではのメリットを知っている人もいるでしょう。 ブレードタイプのメリットとは、アゴの骨が薄くなってしまっていても対応できるうえに、アゴの骨を削る深さを抑えられるという事です。 下顎管が細くやせ細っている場合はブレードタイプの方が有効であることもあります。

こういった知識をしっかりと蓄えている歯科医師の方が信頼できるというのは間違いなく事実といえるでしょう。