メイン

歯周病の場合は・・・

インプラントは、歯を失っている人にとってまさに希望の光のような存在と言えるでしょう。 歯周病にかかると、歯が一本、また一本と失われてしまいますが、そんな場合でも残っている健康な歯を損なうリスクを解消できる、まさに朗報のような治療方法なのです。

しかし、実際の患者のなかには「歯周病だけど、インプラントにすることは可能なのか?」ということで頭を抱えて悩んでいる人が少なくないようです。 知人の歯科医師に聞いた話では、まさに恐る恐るといった感じでカウンセリングなどに訪れる方もいらっしゃるのだとか。

そんな方の中には、部分入れ歯のバネを掛けている歯が徐々に抜けてしまうということもあるのだそうです。

そもそも取り外し式の部分入れ歯というのは残っている歯にバネをかけて支えるというメカニズムで成り立っています。 つまり、結果的には、せっかく抜けずに粘っている歯に対してそれまでにはなかった負担が掛けられてしまうということになります。 そのため、歯周病によって歯が弱くなっていると、部分入れ歯の所為で歯が抜けてしまうというリスクが十分に考えられるわけです。

歯が抜けることによって新しく作り直した部分入れ歯は、当然のことながら前のものよりも大きくなってしまいます。 歯を失うことによる不安感、徐々に大きくなっていく入れ歯の違和感や使い心地の悪さが重なっていくと、かなり大きなストレスになります。 歯やアゴの骨、歯茎だけではなく、心も疲れ切ってしまうという点が多くの人に共通しているように見えます。

インプラントはこんな歯周病による最悪のサイクルを断ち切るのに最適な治療方法だと言えるでしょう。

インプラントの場合は、あごの骨の上に人工の歯根を埋め込んで、そのうえに人工歯を取り付けるという流れになります。 実は、これなら部分入れ歯のように残っている歯に対して負担をかけることにはならないのです。 結果的には、今残されている歯を守るとともに、これからも歯が抜けるというリスクを一気に解決することが出来ます。

まとめ

歯周病の恐ろしさは先述したとおり、症状が進んでいくとともに歯が抜けていってしまうという点にあります。 実際のところ、歯周病が進んでいくと人工歯根を埋め込むのに必要なだけのアゴの骨さえなくなってしまうということも起こり得ます。

分かりやすく言い換えれば、歯の周りの骨がなくなってしまうという訳です。 したがって、歯周病で歯が抜けてしまって現状として部分入れ歯を使っているという方がいれば、 アゴの骨が十分に残っているうちにインプラントに切り替えることが非常に重要なポイントになります。