メイン

良い歯医者さんとは?

インプラントの手術を受けるからには「良い歯医者さん」に治療を担当してもらいたいものです。 では、良い歯医者さんというのは一体どんな歯科医師なのでしょうか?

ずばり、それは患者のことを第一に考えてくれる歯医者さんだと言えるでしょう。

インプラントを受けるのですから、当然のことながら手術の前にカウンセリングを受けるかと思います。 そして、その時の先生の様子から、良い歯医者さんかどうかを知ることが出来ます。 インプラントは非常に素晴らしい技術ですが、人それぞれ向き不向きがあります。 場合によっては、入れ歯やブリッジにした方が良いということも当たり前ですが、有り得ることなのです。 それを度外視して、とにかくインプラントの魅力だけを伝えてきたり、インプラントだけをゴリ押しされた場合は、そのクリニックは敬遠した方が良いかもしれません。

ブリッジや入れ歯などのあらゆる対応策をしっかりと提示してくれた上で、インプラントにした方が良いという根拠を示してくれる歯医者さんがおすすめです。

例えば、インプラントにしたいと申し出た患者がいたとしたら、口の中を見もせずに「インプラントは良いですよ」と勧められたら、それも歯医者さんとしては怪しいものです。 その点を意識して、クリニック探しをしてみましょう。

ライフステージとは?

インプラントの手術を受けるにあたって、患者のライフステージまで考えてくれる歯医者さんがいれば最高です。

ライフステージというのは、患者の年齢や本人の性格、これまでの人生における生活のリズムや経済的な状況などを考えること。 また、家族構成や子供の年齢、歯はどんな状況で全身の状態はどうなっているのか・・・ これらの条件をしっかりと総合的に判断してくれるかどうかは、歯医者さんの質を見抜くポイントともいえるでしょう。

二十歳の女性が手術を受けるのと、七十歳の老人が手術を受けるのとでは、インプラントの意味が全くと言っていいほど異なります。 人と接する仕事をしていて、見た目が人生にも大きく影響するのかどうかということや、 インプラントをすることによって、残った歯の寿命も延びるのか等のことまで考慮してくれれば理想的です。

そもそもインプラントは一本あたり40万円程度が相場と言われています。 それを高いと思うか安いと思うかはライフステージによって全く異なると言えるでしょう。 先述した条件をすべて踏まえたうえで、インプラントにする方が良いと思える場合に手術を受けることをオススメします。