メイン

歯を健康に保つためには

医学が発達した現代では、失った歯を元々あった自分の歯と同じように補えるインプラントという歯科技術があります。

とはいえ、やはり理想的なのは自分の歯を出来るだけ多く健康なままで残すことです。 インプラントをするにも本数は少ないほうが費用も安く済みますので、インプラントを検討している方も残った歯をいかに健康的に保っていくかの参考にしてください。

人が歯を失う原因として真っ先に挙げられるのが、『虫歯』です。

虫歯になるかならないかは、元々の歯質にも要因がありますので一切虫歯が無いという人も珍しいというのが実情です。 歯質以外の虫歯になる要因には『糖分』『時間』『虫歯菌』があります。

『歯周病』も歯を失う要因として代表的なものです。 歯周病は日ごろのブラッシングで落とし切れない汚れが歯石となり、歯石が原因で引き起こされます。 歯磨きをしていて歯茎から血が出たり歯茎が腫れていたりするのが『歯肉炎』。 『歯周炎は』歯槽骨が無くなり歯を支えることが出来なくなってしまう病気です。

虫歯にならないために、歯周病にならないために私たちがすべきことは、『定期的に歯科医院に行き、適切な歯の清掃をしてもらう事』です。

歯科医院で歯磨き指導を受けたことがある方も多いかと思います。 指導の通りにブラッシングしても、どうしても歯ブラシが届きにくい部分はあり、歯石の原因となるプラークが蓄積されてしまいます。

そこで、定期的に歯科医院に行って専門家に正しく清掃してもらうことで虫歯や歯周病を飛躍的に予防できるようになります。

既に抜けてしまった歯などがある場合や、虫歯治療でかぶせ物がある場合などはさらに磨き残しが起こりやすくなります。 これ以上虫歯を増やさないためにも、欠けてしまった歯などはインプラントで補った方が効率的かつ経済的でしょう。

入れ歯で対応した場合は確かに保険適応で手軽なのですが、噛み合わせも悪くなりますし硬いものは噛めなくなります。 噛み合わせは健康・容貌にも影響を及ぼしますので大切なことです。

また、結局は異物を装着するという事ですので口の中が不潔になりやすくなり、歯茎もどんどん痩せていきます。 歯茎が痩せるので結局は入れ歯も作り直すことになり費用がかさんでしまうのです。 ブリッジに関しては、健康な歯を削って利用する必要があります。

健康な歯を削るという事は細菌も侵入しやすくなり、ブリッジ装着部分にも汚れが溜まりやすくなって返って虫歯を生む原因となる可能性が高いです。 また、何の処置もしないでいると結局口の中が不潔になり、新たな虫歯が発生して気が付いたときには何本もの歯をインプラントしなくてはならない状況になり、多額の費用が掛かってしまいます。

虫歯や歯周病になってしまったら早急に適切な処置をはじめ、これ以上虫歯を増やさないようにすることが一番大切なことです。