メイン

オセッオインテグレーテッド・インプラント

インプラントというのは、英語のimplantのことであり、直訳すれば埋め込むという意味になります。 医学用語としては、移植するという意味も持っています。 日本語においては、人工の歯根そのものをインプラントと呼称するのが一般的ですが、具体的には人工物を植え付ける治療法のことを指すと解釈できます。

歯には普段見えている歯冠の部分と歯茎の下の骨に埋まっている歯根という部分があると考えられています。 虫歯や歯周病などで歯がなくなってしまうと、根っこである歯根まで失うことになります。 しかし、近年行われている入れ歯やブリッジはバネや残されている歯などで人工の歯を支えるという方法ですから、歯根は失われている状態が続くことになるわけです。

歯根はいわば土台ですから、それがないというのは歯やアゴなどに大きな負担がかかることになってしまいます。 その点において、オセッオインテグレーテッド・インプラントは大きく異なると言えるでしょう。

オセッオインテグレーテッド・インプラントが開発されたことによって、身体に安全な人工歯を取り付けることが可能になったわけです。 その安全性は非常に高いもので、アメリカ歯科医師会の正式承認を得ているほど。 アメリカ歯科医師会はADAとも呼ばれており、世界一厳しい基準とも言われています。

オセッオインテグレーテッド・インプラントが画期的な治療法であると言われている所以には、歯冠だけでなく、歯根まで回復することが出来るという点につきます。 さらに、人間の身体になじむ素材を使って本来の歯の構造のようなものを造り出すのです。 そのため、見た目にも自然で非常にナチュラルな印象をうけます。

根本からしっかりと固定されるため、口のなかでぐらぐらしてしまうこともありませんし、話をしていた時に動いてしまうということもありません。 もちろん、物を食べるときもかたいものも簡単に噛むことができるでしょう。 治療の際には、最初に人工の歯根を埋め込んで、しっかりと骨を結合するまでの期間をおいてから丈夫の人工の歯を設置することも可能です。

アゴの骨に設置するという点から、人工歯根のインプラントを不安に見る声もありますが、実際の手術の難易度から考えたときには、 親不知を抜くぐらいのむずかしさだと言われています。

もちろん、インプラントの専門技術を持っていて、なおかつ豊富な実績を持っている歯科医を選ぶ必要はあります。 しかし、インプラントの施術そのものは極めて安全なものであると言うことはできるでしょう。