メイン

インプラントの効果とは

加齢にともなって、口臭に悩まされている人が多くなってきます。 大きくわけて、口臭はよっつのファクターに起因していると考えられています。

一つ目は食品を食べることによって発生するもの。 ニンニクや餃子などを食べたり、アルコールを飲むと臭いがしてしまいます。 もちろん時間が経過すれば消えるので大した問題ではありません。

そして第二に挙げられるのは胃が痛んでいるときに発生するものです。 胃酸過多といわれている状態になると、その影響で口臭がくさくなるものの、時間の経過によって改善されることがほとんど。

第三に挙げられるのは虫歯によって発生する口臭。 虫歯によって出来てしまった歯の隙間に食品が詰まりっぱなしになってしまって腐敗臭がすることがあります。 歯磨きで食べかすをきちんと取り除くことが出来れば消えます。

最後に入れ歯による口臭が挙げられます。 これが意外にトラブルのもとになりやすい要因で、入れ歯になってしまった場合に限って問題が起こります。 臭いそのものを取り除くのが難しいと言われています。 多くは歯槽膿漏などが原因であると言われていて、猛烈にニオってしまいます。 これを改善するにはインプラントが最適な解決方法と言えるでしょう。

口臭を消すインプラント

インプラントとは一体どんなものなのでしょうか?

具体的にいえば、骨内インプラントを指しているのですが、例えるならば老朽化した家の修繕や建て替えをイメージしてみてください。 基礎がしっかりと出来ている家ならば、壁を塗りなおしたり屋根の葺き替えを行うだけで新築のようになります。 一般的な虫歯の治療はこのようなイメージで、リフォームと言い換えることも出来るでしょう。 ダメになった部分を削り取って金属をつめるわけです。

では入れ歯やブリッジ、インプラントを行う場合はいわゆる建て直しが必要になります。 全てを更地にしてから、改めて歯のかわりになるものを作るからです。 インプラントはもっとも有効な方法であり、あごの骨からしっかりと支えるので入れ歯やブリッジなどのように咀嚼に問題が出てきません。

固いものでもしっかり噛めるし、正しく歯磨きをすれば口臭の原因にもならないのです。 実はインプラントの歴史は非常に古く、古代ローマ時代やマヤの時代から続いています。 インカ時代の遺跡からはエメラルドの歯が埋め込まれたミイラが見つかっているのだとか。 このミイラの歯からそれが検出されたわけですが、ここまでとは言わないモノの、半永久的に使用できるという点でインプラントは非常に優れています。