メイン

すぐに抜けてしまった・・・

インプラントの施術をおこなえば、95%以上の確率で5年以上はその状態が維持できると言われています。 そんな現在の医療技術があるなかで、インプラントをいれたあとにすぐに抜けてしまう・・・というのは問題外と言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、そんなトラブルがまったくないかと問われれば、実際には少なからず起こり得るとも考えられます。 インプラントをいれた翌日に抜けてしまったというトラブルも実際にあるようです。 この原因と考えられるのが、多くの場合で”初期固定の失敗”です。

インプラントを入れた瞬間にしっかりと骨に埋まって固定されているかどうかという点がその後の成功と失敗を大きく左右します。 現在もっともポピュラーな施術方法としてはシリンダータイプによるものですが、これはアゴにドリルで穴をあけてその穴にインプラントを埋め込むというもの。 しかし、この際にドリルに不慣れな歯科医師が行うと前後左右にドリルがぶれてしまうことがあります。 想定外のおおきな穴をあけてしまうというリスクがあるわけです。

ここにインプラントを埋め込もうと思っても、結局スカスカな状態になっているので失敗の確率が高まってしまうのです。 その隙間から唾液が入り込んでしまうと雑菌によって感染症状を起こしてしまう可能性さえあり非常に危険です。

もちろん初歩的なテクニックなので、実績がある歯科医師がこんなミスを犯す可能性は低いのですが、 こういったリスクがあるということも頭にいれておくと、その後のクリニック選びに役立つかもしれません。

上顎洞への落下・・・

上あごへのインプラント手術において、もっとも頻繁に起きてしまうミスとして上顎洞にインプラントを落とすというもの。 上顎洞は人間の上あごの上にある頬の横に広がっている空洞です。

考えるだけでも身の毛のよだつ話ですが、実はもっとも可能性が高い失敗。 そのため、しっかりとクリニックを選ぶ必要があるのです。

こうなると落としたパーツを拾い上げるのも大変です。 これを防ぐには、サイナスリフトという方法で手術を行ってもらう必要があります。 これが出来る歯科医師の場合は、このようなミスを起こすことが少ないと考えられています。

簡単に説明するならば、上顎洞に骨移植をほどこして上顎洞の下側を埋めてしまうことによって、 上あごから上顎洞までの距離を延ばすという手術です。 こうすると骨の厚みが増えて失敗することもなくなります。 しっかりとクリニックを選んでインプラントを成功させましょう。